プロフィール

江碇公寒鰤庵

Author:江碇公寒鰤庵
江碇公寒鰤庵、よそ様にお邪魔するときはdukeマシラを名乗ることが多い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

寒鰤庵レポート
寒鰤庵レポートの備忘録というか雑記帳的なブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06年6月:iP8600/廃インクタンクエラー>販売店持込
iP8600
寒鰤庵の私物。ギリギリ保障期間中のはずなので、保証書を添えて販売店持込。

一つ前のシリーズまでは通用したリセットコマンドが、
このシリーズからは通用しなくなっている。

正確に言うとメンテナンスコマンドは変わらず受け付けるのだが、
廃インクタンクエラー解除が分離されていて総印刷枚数などはリセットされても廃インクタンク警告/エラーはそのまんまである。

Canonホームページの記述によると、内容を問わず定額修理料金制が取られている。
iP8600クラスは、税込み\9450。
いまだ現行フラッグシップであるわけだし、
中古でも値落ちがしていないので保障扱いにならなくてもそのくらいの出費は覚悟の上。

3日程して販売店から電話が入る。
「消耗本扱いなので保障の範囲には入りません。修理代金は税込みで\3780です。」

拍子抜けといえば拍子抜けである。
エプソンの例をとっても、必ずしもWeb表記どおりの料金がかかるわけではないことはわかる。
しかし今回は曲がりなりにも保障期間中なので、本来の廃インクタンクエラー修理代金が今回どおりの金額なのかどうかはわからない。

エラーが出たまま放置してあるiP3100を、そのうち修理に出してみようか?
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス - ジャンル:コンピュータ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。